自分に合った美容院の見つけ方

カットの頼み方

「おまかせカット」「似合わせカット」が成功するかどうかは、いかに自分の情報を美容師に伝えることができるかです。
髪質や髪のくせ、セットにかける時間、普段の服装、好みまたはなりたい髪型など伝えることです。
優しい感じやカッコいい雰囲気というような、おおまかなものでも良いですが、イメージの思い違いがある場合があります。
なので、伝える情報は、より具体的なものの方が良いです。
ヘアカタログや雑誌の写真を持っていくと、その写真に沿ったあなた自身に合った髪型を提案してくれます。

なりたい髪型や好きな髪型が思いつかないという人は、髪が肩より短くなってほしくない。
明るい系は好みじゃない。
髪の量が少ないのですかないでほしい。
などのような、これは嫌または趣味じゃないというものを伝えましょう。

美容院の選び方

自分に合った髪型にするのに重要なのは、美容師です。
同じ美容師と言えど、技術力は違います。
技術力があるということは、その分、経験豊富でもあるということです。
しかし、技術力があったとしても、今の流行りを反映させてカットしてくれないという人もいます。

なので、カットを頼む際は、事前にお店のホームページなどに掲載されているカットモデルを確認するのがオススメです。
それは、カットした美容師のモデル対しての似合わせと、美容師自身の好みが反映されているからです。

自分に合った髪型を見つけるには、カットしてくれる美容師が把握している自分の情報が多い方が良いです。
なので、余程ひどかったまた、合わなかったという時でなければ、同じ美容院の同じ美容師に担当してもらうべきです。

髪は切ってしまうと伸びるまで、時間が掛かってしまいます。
失敗した時が不安という人は、少し長めにカットしてもらうとその後に修正することができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る